ウルトラスポーツが大切にしていること

  • いつでもだれでもスポーツができる環境づくり
  • 地域の人々が集える場所づくり

人が集まりたくなる場所をつくり地域を活性化したい


いつでもだれでもスポーツ

地域の人々が集える場所

地域における取り組み

~子どもが自ら成長できるように親子ともに成長する団体ならではの視点~

  • 地域や施設を綺麗にする取り組み
    • 中浜サントピアの芝生化
    • 夏芝の保護と冬も緑のグラウンドになるために種を蒔きます。
      子どもたちが転んでもケガをしないように。

    • 中海一斉清掃
  • 他団体との連携
    • 小学校出張活動
    • 保育園でのスポーツ指導
  • 障がい者スポーツ
  • 各種講演会の企画
    • 教育講演会、土屋健二氏サッカー教室
    • 「しつもんメンタルトレーニング」の藤代圭一さん講演
    • 小学生の部、中学生の部、大人の部(保護者・指導者)の3部構成でワークショップを開催。
      自分への「しつもん」を通して選手としての力を引き出すことにより、将来、子どもたちがサッカー以外のことにも活躍できることを期待しています。

これまでのまとめと今後の取組み

ウルトラスポーツクラブの取組み

ウルトラスポーツクラブ(FCアミーゴ)では、子どもの自立した選手育成の一環として、サッカーの練習だけでなく、地域の貢献活動や国際交流、他の競技種目を積極的に取り入れてきました。

ウルトラスポーツクラブの強み

上記の取組みについては、保護者からも理解を得ることが出来ており、外部からも子どもの育成が出来るスポーツクラブとの評価を受けている。
また、サッカー以外の取組みを柔軟に取り入れることで競技結果にもつながっていると考えています。

今後の取組み

今後、ウルトラスポーツクラブでは、スポーツを通じての健全な青少年の育成を推進する為にも、地域の各種活動団体と連携を図り、少しでも地域社会に貢献できる活動を積極的に取り組んでいきたいと考えております。

山陰中央新報に掲載されました!(2016年1月6日)

  • FCアミーゴを中心に、地域住民が気軽にスポーツに楽しめる環境づくりに取り組む
  • モットーは「考えて工夫して実行しよう」⇒サッカーだけでなく、子どもの自立性も育成
  • スポーツの楽しさを知ってもらうため、ビーチサッカーイベントや講習会も企画

日本海新聞にも掲載されました!(2016年2月10日)

画像
  • いつでもどこでもスポーツや文化活動を楽しめる環境づくりに取り組む
  • とっとり県民活動活性化センターと連携してチーム活動をPR
  • テーマは「つなぐ」・・・地域の人たちが世代を超えて繋がり、スポーツを通して地域貢献につなげていきたい

企業、自治体、NPO等へのメッセージ

ウルトラスポーツクラブは、「いつでも、どこでも、だれでもが、楽しくスポーツや文化的活動ができる場や環境を築くこと」を目指しています。
併せて、少子化や地域のコミュニケーション不足などから、子どもたちの人間形成の環境が変化する中、家庭や学校教育だけでは伝えきれない部分をスポーツや地域社会に貢献できる活動への参加により、「子どもたちの健全な成長を促す環境」を醸成したいと願っております。
この夢の実現のために、「子ども達の練習環境向上(老朽化したマイクロバスの買替、人工芝グランドの施工)やクラブハウス新設等の環境整備」が必要と考えています。
子どもたちの練習環境向上と、地域の皆様とともにスポーツで明るい未来を描くため、皆様からのご協力の程、よろしくお願い致します。

「地域に開かれた総合型地域スポーツクラブ」への発展を目指して…

  • クラブハウス新設
  • 地域の憩いの場を提供
  • 生涯スポーツを実践する機会を提供

地域の力、スポーツの力を連動
子どもの健全な成長を促す環境を醸成

具体的な協賛方法

ウルトラスポーツクラブの活動の趣旨に賛同される場合は、ぜひ賛助会員としてご参加をよろしくお願いいたします。協賛口数とメリットは以下となっています。
なお、賛助会員の皆様のお名前(匿名も可)や協賛内容をHPにて公開させて頂きます。

  • 一口20,000円⇒クラブTシャツ広告(背中)
  • 二口40,000円⇒クラブTシャツ広告(肩)
  • 三口60,000円⇒クラブTシャツ(背中)+屋内練習場スパシーヴァに広告(横断幕)
  • 四口80,000円⇒クラブTシャツ広告(背中)+マイクロバス広告
  • 五口以上⇒応相談

クラブTシャツ

屋内練習場スパシーヴァ

マイクロバス